猫同士の相性

ネコ

後悔…

ごはんに釣られたボクは、浅はかだった…。

家族のみんなは優しい!

ごはんも美味しい!

寝るときも暖かい!

 

でも…お風呂で洗われた!

濡れるだけでもイヤなのに、シャンプーで洗われた!

ボクが「やだよー!やめてー!」って言うのに、お母さんもお姉ちゃんも「大丈夫」って言うんだ。

全然!大丈夫じゃないよ!

やっと終わって、ボクは濡れたまま隅っこに隠れて、毛づくろいしたの。

そのときお母さんが「明日は、ゆきと病院だな。」って言ってた。

ボクは、意味も分からなかったけど、毛づくろいに夢中だった。

次の日、病院とかいうところに連れて行かれたんだ。

すごーく怖かった!

病院に行くのに、あの大きな音をたてる車にも乗ったんだよ!

お兄ちゃんも一緒だったけど、お兄ちゃんは何も言わなかった。

やっぱりお兄ちゃんは、スゴく男らしい!

病院に着くと恐怖は最高潮!

ボクは…

静かにしました・・・。

そうすれば、見つからないかな~とか、忘れてくれないかな~とか思ったから。

でも、ダメだった。

お母さんが「着きましたよ~。」ってニコニコして言った。

その後の事は、あまりにも怖くて、何をされたか覚えてないの。

病院から帰ったら、お兄ちゃんが居なかった。

お母さんが「ゆきはね、お熱があるから二階で休んでるよ。」って言ってた。

そっかぁ…お兄ちゃん…いないのか~。

ごはん美味しいけど、いつもと味が違う気がする。

みんなが「お部屋においで。」っていうけど、お兄ちゃんもいないし、まだ少しこわい。

それからしばらく、お兄ちゃんと会えなかった。

僕はまた、寂しくなった。

でもある日、トットットッって懐かしい足音。

あれっ?

あの足音は

「お兄ちゃーん!」

お兄ちゃんが来た!

「熱が下がったよ。」ってお母さんが言った。

良かった~ボク寂しかったよ。

お兄ちゃんは、きっとまた「うるせー!あっちに行ってろよ!」って言うだろうけど、ボクは負けないもんね。

そんな風に思ってたら、何も言わないで、いつもの場所で毛づくろいを始めた。

ボクは、お兄ちゃん…?って言って側に行ってみた。

お兄ちゃんは、側に行ったボクの頭を舐めてくれた。

「!」

ママにしてもらったことを思い出した。

お兄ちゃんは、その後もボクの毛づくろいをしてくれた。

ボクは、やっぱりここんちの子になって良かったって思った。

ボクたちの毛づくろいを見て、お母さんが泣いてた。

「ゆき…ありがとう。」

お母さんが、小さい声でそう言った。

Follow me!

コメント