【体験談】ペットを飼うのに疲れたら・・・

ネコ
Collage of cute pets isolated on white

散歩もなくて、楽だと思って猫を飼ったのに・・。

家は汚すし、しつけは効果ないし・・。

もう疲れた・・後悔ばかり・・。

犬にすればよかった。

いちまつネコ
いちまつネコ

あらら・・・

だいぶお疲れのようですね。

想像と現実が違っていたのかな?

本当にあやつらは、人間の予測を軽々と超えていきますからね。

それって・・悪いことだけじゃなくて、良いこともなんですよ。

ゆきむらを飼っていた頃(昨年に他界)は、猫って大変だと思っていました。

サイゾーだけになると

「猫ってマジかわいい。」てなっています。

これは猫の個性の問題ですかね?

それもあるかもですが、一番は飼い主の心の持ち方なんですね。

そういう意味でゆきむらには、いろんなことを教えてもらいました。

□ 猫の十戒

□ 究極の自己鍛錬

□ ペット(猫)と立場は対等

こんな内容で書いてます。

「子猫ってかわいいよね。ネコ飼おうかな?」

「散歩もいらないし、猫がいいかな。」

↑これ・・私が考えていたことです。

で、我が家にやって来たのは白猫ゆきむらくんでした。

白猫ゆきむら

(初めて猫を飼う人が、ゆきむらを飼ったら絶対に二度と猫は飼わないでしょう。w)

小さくてふわふわで、愛らしい子猫でした。(生後2ヶ月で来た)

来て1か月半くらいまでは・・・。

その後は徐々に、小悪魔ネコに変身していくのでした。

(やがて尊大な猫にw)

まず猫の十戒を読んでみて

猫の十戒というのをご存知ですか?

作者は不明なのですが、猫の真髄をついています。

ちょっと読んでみてくださいね。

第一戒 私の生涯はだいたい15 年くらいしかありませんが、たまに20 年以上生きてしっぽが裂けます。ほんのわずかな時間でもあなたが離れていると腹が立ちます。私が家族になってやるので、そのことを覚悟しなさい

第二戒 あなたが私に望むことを理解するつもりはありません。待っても無駄です。

第三戒 私を崇拝しなさい。私にとってそれが一番大事なことなのです。

第四戒 私を長い時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしてはなりません。でも狭いところは好きなのでダンボール箱を用意するのは許可します。あなたには仕事や楽しみもあり、友達だっているかもしれませんが、私のお世話をすることに勝る悦びはないはずです

第五戒 私に話しかけなさい。あなたの話していることが何かはどうでもいいですが、話しかけるあなたの声はわかるのです。ほめ言葉は特に。

第六戒 あなたが私にどんなふうにしてくれたか、私は決して忘れません。恨みは倍返しします。

第七戒 私をたたいたりする前に思い出しなさい。私の歯はあなたの手の骨をかみ砕くことぐらい簡単にできるのに、気が向いたときにしかかまないようにしていることを。

第八戒 私が言うことを聞かないと怒る前に、まずは自分に問い掛けてみなさい。たっぷり食事を与えてましたか? それは私の好きなシーバですか? 日なたで気持ちよく昼寝をしているのをじゃましませんでしたか? もしかすると年を取って体が弱ってきているのかもしれませんが、どのみち私がしたいことに従わないほうが悪いのですから、あきらめなさい

第九戒 私が年をとっても世話をしなさい。あなたも同じように年をとりますが、私は年をとってもかわいいのです

第十戒 最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送りなさい。「かわいそうで見ていられない」とか「私のいないところで逝かせてあげて」なんて言うのは許しません。なでなさい。なで続けなさい。かわいいね、いい子だねと言いなさい。言いまくりなさい。そうすれば私は*着換えの時間を少し短くしてやってもよいです。まあ、気が向いたら。

*着替え 天国に行った猫は、毛皮を着替えて飼い主の元に再びやって来るといわれています。

公益社団法人 日本愛玩動物協会

猫を飼って悩んでいる方がいるなら、この十戒を読んでほしいのです。

ネコの気持ちを、すごく上手く表現していてわかりやすいです。

そして猫のことを、またほんのちょっと理解できると思います。

猫を飼うって・・精神鍛えられる

十戒にあるように、いうことをきかせようなんて考えるだけムダです。

本能的にそういうスペックはありません。

身を潜めて狩りをしていた単独行動の猫ちゃんには、命令通りに行動するということは必要のないことなんですね。

例えばワンちゃんは群れをつくるので、人間でいう空気を読むことをします。

群れからはみ出ないように生きる本能を持っているので、指示が入るんですね。

つまり・・しつけが出来るんです。

これは犬と猫の決定的な違いです。

それなのにペットを飼うときって

「かわいがってあげよう。きっと仲良くなれる。」

って思って飼うことを決心しますよね。

これってよく考えてみると、こっちの理想を押し付けているんですよね。

好きな猫を飼う=幸せな生活

になっていて、そこには思い通りにできるという考えがあるんじゃないかと・・。

猫ちゃんを理解しようとしていなかったんです。

 

そのために現実が上手くいかないと、ペットのせいになるんです。

「こんなにしてあげているのに、どうしてこんなことするの?」

「なにが不満なの?」

「どうして分からないの?」

↑これ・・ゆきむらを飼い出したころに私が思っていたことです。

「こんなに可愛がっているんだから、応えてくれるのは当たり前。」

なんて心のどこかで思っていたんですね。

そして「猫はこうあるべき」なんてことまで思っていました。

猫好きなのに、猫にとっては迷惑な人間でした。(反省)

ペットとは?

ペットを飼っていて上手くいかない・・とか、飼うんじゃなかった・・とか思っていませんか?

それ・・全部自分のせいです。

自分視点でしかペットを見ていないんです。

 

恋人ができたとき、結婚したとき。

今まで通りの生活ができましたか?

なにも変わることなく、恋人と夫と(妻)生活が送れますか?

そんなことはないですよね?

譲ったり我慢したり、受け入れて理解しようと努めますよね?

ペットとも同じことなんです。

受け入れて理解して、譲ったり我慢したりして関係を育んでいくんです。

結構きついこと書いていますが、これ過去の自分にいってます。(泣)

 

ペットっていうと、世話をして守ってあげなきゃいけないって思いがちです。

でもそんなことなくて、命を持ってる者同士で対等なんですよね。

それは世話はしなくちゃなりませんが、ペットからもらうものってすごく大きいです。

自分ていう人間を丸裸にされて、でもペットはそのままを見てくれます。

これって究極の愛情ですよね。

 

飼うことに疲れたら、考えてみてください。

独りよがりになっていないか?

ペットをちゃんと見ているのか?

もう一度ちゃんと考えてみて。

Follow me!

コメント