ちびネコとの出会い

ご飯の時間は、やっぱり楽しみ。

カリカリを器に入れてくれると、カラカラカラ~っていうだろ。

あれを聞いただけで、落ち着かなくなる。

お母さんが、器に入れてる途中なのに、頭を突っ込んで食べ始める。

お母さんは、なんか言ってるけど気にしない。

ふう~お腹いっぱい!

毛づくろいをしたら、トイレすませて寝ますかね~。

まだ食べきってない分は、目が覚めたら食べよう。

夜は、猫缶も食べられるから楽しみ~。

今日は、何の猫缶かな~。

カツオ節が入ったやつが良いな~。

そんなことを考えていたら、眠くなった。

ひと眠りして外に出たくなったから、お母さんにリードを付けてもらった。

この日は、なんとなくいつもと違う感じがしたんだよな。

視線を感じて振り向くと、チビ猫が走って寄ってきた。

「!」

お兄ちゃん…とか言いながら、オレの腹の横にくっついてくる。

冗談じゃねー。

こっち来んな!離れろ!あっち行け!

どんなに追い払っても、絶対に離れない。

なんだよコイツ。

「あら~子猫ちゃん。可愛いね。どこから来たの?」

お母さんが気付いてくれた。助かった~。

ところがコイツ、お母さんが来てもオレから離れない。

でも、お母さんがオレに近づくと、サッと庭の端っこまで逃げる。

どうやら人間が嫌いらしい。

でも、人間に威嚇はしない。

はぁ…なんなんだよー楽しみな外遊びが台無しだよ。

オマエ帰れよ。邪魔だよ。

「お腹空いた…」

知らねーよ。ママのとこ帰れよ。

「まだお兄ちゃんといる。」

最悪だよ…。

なんかオレって、こういうこと多くない?

日が暮れて、やっとアイツも帰った。

結局、ずっと居やがった。

「また明日ね。」だって…。

怖くね?

まぁ、子猫の言うことだから、明日はないな…たぶん。

あれ?なんか寒気がした。

 

いつものルーティンで外に出た。

「お兄ちゃ~ん」

呼ばれるまで、コイツの事をすっかり忘れてた。

また来たのかよ!

そして一日中、くっついている。

外にいる時間が増えた。

何だか増えた。

オレが家に入りたがらないから、お母さんが心配して、ご飯を外に持ってきてくれた。

外で食べるご飯は上手い!

なんてことはなく、オレが食べた残りを、チビが食べた。

「美味しいね~。」

一粒も残さずキレイに食べてた。

オレなんか、この味飽きたな~なんて食べなかったりするのに…。

何日も通っていたチビは、とうとうオレんちの家族になった。

オレは反対したんだけどね。

やっぱり…先住者のオレが決めるべきじゃね?

でも、反対するほど体力が無かった。

チビが家に入って、オレは高熱を出した。

一週間寝込んだ。(ネコだけに)

どうしたんだろ…オレは、どうなっちゃうんだろう。

 

 

Follow me!

ネコ
スポンサーリンク
管理人 いちをフォローする
毎日ネコ

コメント