ネコの口内炎

ネコ

何か...食べにくい感じがする。

始めはそんな感じだった。

ちょっと風邪を引いたかな...とか、毛づくろいやり過ぎたかな...とか。

でも全然よくならないし、ちょっと前から痛むようにもなってきた。

カリカリなんか食べたら、飛び上がるほど痛かった。

毛づくろいも、あんまりうまくできないし、とにかく痛くて仕方がない。

「なんか...ゆき臭い...」

チビ姉が失礼なことを言った。

あのね~オレはきれい好きなの。

ただね、このところ口が痛くて毛づくろいが上手くできないの。

代わりにやってもらいたいくらいだよ。

そんな風に思っていたら、シマシマのチビ助が、オレの毛づくろいをした。

なんだよ~チビのくせに・・・まあ・・サンキューな。

そういえば最近、窓辺に並んで外を見てると、目が合うんだよな。

前は、ちょっとオレが視線を下げたのに。

もしかしてチビのヤツ、デカくなってきた?

前は、後ろや側にくっついてうっとうしかったのに、いつの間にかそれもなくなった。

そうか~チビじゃなくなってたんだな。

「お兄ちゃん・・・臭いね。」

やっぱりコイツは、うっとうしいチビだ。

そして、とうとうお母さんが動いた。

「ゆき!病院に行こう。」

いや~熱もないし、何とか食べてるし、まだ大丈夫。

「先生に診てもらえば、一発よ!一発!」

みんなそうだと思うけど、病院は嫌い。大っ嫌い!

子猫の時に、すぐ覚えた言葉だったよ。

そんなことを言っても無駄。

お母さんが行くといったら、必ず行くからね。

覚悟するしかない。

病院で先生に診てもらったら、なんとオレは病気だった。

「口内炎だね。」

ちょっと拍子抜けした。

でも、先生の説明で楽観視はできない病気だと知った。

オレは、この先も病院に定期的に通って、薬を打たなくてはならないらしい。

薬の効き目は2週間。

その後は、徐々に効果が切れるから、ご飯が食べられなくなったら

また注射をしなければならない。

お母さんは、黙って診察台の上のオレを撫でてくれた。

口内炎は、今の時点ではこれ以上の治療はないらしい。

まあ・・・しょうがないか・・・。

とりあえず、早く家に帰ろうぜ。

次の日から、普通に食べられるようになった。

ご飯のこと飽きた・・・とか言って悪かったな…って少し思った。

お母さんは朝から、猫缶を出してくれてる。

ここのところ、ずっとそう。

もうカリカリでもいいんだけど、もう少し黙っていよう。

猫缶は、やっぱり美味いもん。

でも時々、強制的にちゅーるが入ってる。

お母さん・・・オレさ、乳酸菌入りのちゅーる苦手なんだけど。

 

Follow me!

ネコ
スポンサーリンク
管理人 いちをフォローする
毎日ネコ

コメント