【猫が脱走】やるべき3つのこと

ネコの行動

私も室内飼いをしていますが、ちょっとした隙を狙って何度も脱走もされました。(泣)

ゆきむら
ゆきむら

家がイヤなんじゃないんだ。

好奇心だよ~。

別に遠くに行きたいわけじゃないよ。

脱走の苦い経験をしてきたので、有効手段はいくつか発見しました。

ということで今回は、脱走したネコちゃんを呼び戻すのに、有効だった方法をシェアしたいと思います。

ネコの特性

逃げた瞬間を見ていたのなら、すぐに対処できますが(といっても、呼ぶくらい💦)

だいたい「いつ外に出たんだろう?」という感じじゃないですか?

そうなると、ちょっとパニックになりますよね?

私もそうでした。

近所中を「ゆきむら~ゆきむら~」って呼びながら練り歩きました。

それで出てきてくれたらいいですが、出てきませんよね。

それはネコちゃんの特性があるからなんです。

  • 狭いところに入り込む
  • あんがい遠くに行かない
  • 高い場所も好き
  • 暗い場所も好き

身を潜めて狩りをする習性があるので、こういう場所にいたりします。

ゆきむらも脱走したときは

エアコンの室外機の下・駐車してる車の下・お隣の屋根の上・塀の上

なんてところにいました。

他では「縁の下に潜り込んでた」なんて話しも聞きました。

室内飼いのネコちゃんは、外の世界を知らないので

「外に出たのはいいんだけれど、どうしよう?」という感じだと思います。

だから案外、近くに潜んでいる可能性は高いのです。

まずは、近くの潜れそうな場所などを探してみてくださいね。

なかなか見つからない・帰ってこない

それでも見つからなかった場合に有効だった方法3つです。

  1. お気に入りのフードで呼ぶ
  2. トイレを外に置く
  3. いつものフードを置いておく

 

ですが、ゆきむらは夜だけネコ缶を食べていたんですね。

ちょっと特別感があったので、ネコ缶を開ける音や、ネコ缶を叩く音で姿を現すこともありました。(ふっ愚か者め)

 

は、トイレは自分の臭いがするものです。

もしも迷っていても臭いで戻ってくることができるかも?と置いていました。

一説には、ネコちゃんはワンコより鼻が良いので、自分の臭いを1,6キロ先でも感知できるとか。

それで外に置いてみました。

 

は、なかなか帰ってこなくても、お腹は空くはずです。

外で餌を捕獲する術を知りません。(フードをくれる家とか、食べられるゴミとか)

何か食べたとしても、家にいるような安定した量も食べられないし、何より美味しくないと感じるはずです。

人に餌をもらったネコちゃんは、狩りをしても獲物を食べたりしませんよね。

それは、美味しくないのを知っているからです。

だからお腹を空かせれば、帰ってくるはずなんですね。

ゆきむらの場合は、この3点セットでいつも戻ってきました。

脱走時間 最長4時間でした。

それでも帰ってこない

まれに「それでも帰ってこない!」こともあるようです。

考えられることは

  • 親切な誰かに保護された。
  • 他のネコに逢って、ついていってしまった。
  • 他のネコとケンカになり、追い払われてしまった。
  • 事故に遭ってしまった。

最後の想定はしたくありませんけど・・・考えてしまいますよね。

「1週間以上たって帰ってきた」というのも聞いたことがありますが、期間が長くなったら近所の人に声をかけておいたり、SNSを利用して声をかけておくのも良いと思います。

私の友人はこの方法で、4日後に目撃情報をもらい無事、保護できました。

また、去勢や避妊をしていないと脱走しやすくなったり、脱走しても戻らなくなる確率も上がってしまうようです。

せっかく家族になったのだから、末永く仲良くしていきたいですよね。

特性と習性を理解して、ちょっと気遣って一緒に快適に暮らしましょう。

そして脱走ルートは、だいたい決まっているので、逃げられないように工夫をすることもアイディアのひとつです。

長女のうちは、入られたくない場所(キッチン)と玄関へのアプローチに柵を取り付けています。

チクちゃんは8キロの大柄ですが、この柵の突破はなしえていません。(笑)

気になる方はポチっと どうぞ

↓↓↓



 

 

Follow me!

コメント

PAGE TOP