ハチに刺されることもある

とりあえず室内飼いのオレ。

勝手気ままな日を満喫してた。

お天気が良い日は、ほとんど外で遊んで、お昼寝も外でする。

そんな日が続いて、サイコーに幸せだった。

たまに、蝶々が飛んできてジャレついたり。

本気出すと、お母さんがまた怒るから、テキトーに遊ぶ。

軒先にスズメたちがとまると、変な声が出ちゃうんだよ。

カカカカカ…って顎を鳴らすような声。

お母さんも、お父さんも、お姉ちゃんたちも笑うんだ。

でも、出ちゃうんだよ。

ある日、うとうとしてたら、聞き慣れない音がした。

そっちを見ると、羽音のうるさい虫だった。

花の中に頭を入れては、次の花に飛んで行ってのくり返しで、耳障りな音を出す虫だった。

オレが寝てる花の側にも来た。

ムシしてたけど、なかなか飛んで行かない。

見ると目の前にいるから、軽くネコパンチ!

虫は驚いて、オレの鼻の頭にとまった。

「!」熱い?痛っ!

顔を洗った!

何度も舐めた。

でも、どんどん痛くなって、目も片方があんまり見えない。

ヤバくね?

お母さ~ん、お母さ~ん!痛いよ~。

「お家に入る?」のんきなお母さんの声。

その日は、大きいお姉ちゃんもいた。

大きいお姉ちゃんが、リードを外しに来て驚いた。

「オカン!ゆきハチに刺されたんじゃない?」

「えっ?」

ハチ?って、あのウルサい虫?

最悪だよ~。痛いよ~。

「急いで病院に行かなきゃ!」

噓だろ…やだよ、あそこも最悪な所じゃん。

でも、なんか…ダルくなってきた…。

「ちょっと顔が、腫れ上がってない?体に対して、顔が大きくなってる!」

あれ?今、お母さん笑ってましたね。

そんなわけないか…。

大きいお姉ちゃんに、病院に連れて行かれたオレは、抵抗する力もなかった。

診察台の上で、大人しくしているしか出来なかった。

ビビってんじゃねーから。

大きいお姉ちゃんが、事情を説明すると先生が

「ハチか~。ネコちゃんは、たまに刺される子いるよ。たまにね。」

先生…たまにって強調した?

「でもね~顔は…珍しいな。いや…初めてかな。大体、前足とか肉球を刺されちゃうんだよね。ほら、顔にきても払い除けるでしょ。それで刺されちゃうんだよね。」

えっ?どういうこと?

オレは、ノロマってこと?

「そっかぁ、顔を刺されたか~。顔か~。」

大事なことだから、2回言ったの?

ハチの針を抜いてもらって、薬をもらってきた。

薬を飲んで、大人しくしてれば熱も下がるって。

大好きな外に、しばらく出られなかった。

ハチめ~!次は、ゆるさん!

絶対に!

側に行くもんか!

 

Follow me!

ネコ
スポンサーリンク
管理人 いちをフォローする
毎日ネコ

コメント