みんな違ってみんないい

ネコの行動
14187718 - group of cats and kitten on a white background

我が家のネコたちは、二匹ともノラ出身です。

ですが、ゆきむらとサイゾーでは、性格がかなり違います。

ゆきむらは、ワガママで自由。

自分の言い分は必ず通します。

そのためには、しつこいくらいの粘り強さを見せます。

ご飯や、おやつが欲しいのに、なかなか貰えないと、私の背中に噛みついたりもします。

寝ていて気付かないと、頭にサクッと爪を立てたり。

さすがに血が出るほどではないんですが、けっこう痛いしビックリします。

爪切りも暴れてさせません。

ホント扱いにくいですが、優しいところもあります。

落ち込んでテーブルに、突っ伏していると、髪の毛の匂いを嗅ぐようにクンクンと鼻を鳴らします。

娘ちゃん達が、泣いていても同じようにします。

旦那ちゃんが飲み過ぎて、グッタリしていてもしています。

なので、間違いなく慰めてくれてる!と、勘違いしておきます。

サイゾーは、とにかく臆病で家の外には絶対出ないです。

家の中でも、スーパーの袋をガサガサすると、逃げてしまいます。

人間の表情を良くみていて、自分でこわいな~と思うと、サッと逃げます。

お客さんが来ると、絶対出て来ません。

お腹が空いても、知らない人や苦手な人がいれば、絶対に部屋に入って来ないんです。

その点、ゆきむらは知らない人が来ると、興味を示します。

その人のバックや、持ち物の匂いを嗅いで納得します。

ちょっと失礼な感じがするので、正直困りますが…。

ただ二匹とも、威嚇したり引っかいたり、ということはしないので、その点では助かります。

ネコは、生後9週間くらいまでに、自分は何者かということを認識するそうです。

それに照らし合わせると、ゆきむらは母ネコが死んでしまって、9週間未満で人の手で育てたので、ネコ社会が短かったことになります。

そうなると、「自分はネコで人間に飼われている。」という認識が低い可能性があるらしいです。

「人間という者と暮らしている。」という感じでしょうか。

対等なんですね。

もちろん、持って生まれた性格もあると思います。

サイゾーは同じノラでも、生後3ヶ月の時に飼い始めたので

「自分はネコで、人間という人に飼われている。」

という自覚がありました。

ちゃんと、自分と人間を区別して認識していました。

こうやって二匹を比べると、子猫の頃の体験や生い立ちは、性格に出るんだと強く感じます。

今日も我が家のネコたちは、元気に過ごしています。

Follow me!

コメント

PAGE TOP