キジトラねこサイゾー

ネコ

今日は、ボクの番です。

ボクの名前は、サイゾーです。

お兄ちゃんが、庭でリードに繋がれて遊んでいる時にボクは、この家に来たんだ~。

お兄ちゃんは、真っ白で格好良くて、ボク一目で大好きになったの。

お兄ちゃんのお腹にくっついて、ずーっと一緒に歩いたりしてた。

お兄ちゃんは「邪魔だ!」「ウザいぞ!」「あっち行け!」なんて言ってたけど、ボク全然平気だったよ。

だってお兄ちゃん、口だけなんだもん。

ネコパンチはするけど、爪出てないし、噛まないしね。

それに、お兄ちゃんが「うぜー!」って怒るとお母さんが「ゆき!子猫にどうして怒るの!」って言うんだ。

その度にお兄ちゃんは「チッ!」って言うけど、それ以上は怒らないの。
チョロい。

でもボクは、ちょっと人間が怖かったんだ。

だってすぐボクを捕まえようとするんだもん。

「可愛い~」って言う割には、すごいスピードで追いかけてきたり、一度ビニール袋を持った人に追いかけられた時は、ホントに怖くて怖くて(泣)

未だに、ビニール袋は大っ嫌い!

そんな時、お兄ちゃんに出会ったの。お兄ちゃんは、真っ白でピカピカで強そうだった。

だから、お兄ちゃんにくっついて真似しようって思ったの。

でも、暗くなるとお兄ちゃんは、お家に入っちゃう。

ボクは「お兄ちゃ~ん。まだ遊びたいよ。」って言ったけど、お兄ちゃんは出てこなかった。

さみしい…けど。また明日。

次の日、ボクがいつものようにお兄ちゃんにくっついてると、男の人が近づいてきた。

「怖い~」って思ったら、お兄ちゃんが「お父さ~ん。おかえり~。」って言って、撫でてもらってた。

「!」お兄ちゃんスゴイ!

「お兄ちゃん…スゴイね。」って言ったら「別に…怖くねーし。一緒に寝るし。」

「!」そうか…そうだったんだね。お兄ちゃんになるためには、お父さんと言う男の人に撫でられなきゃダメなんだ。

それからボクは、お父さんがお庭に来たら挨拶したんだ。

そしたら「ゆきの友達か?」って言って、ボクを抱き上げたんだ。

ビックリしたけど、騒ぐと男がすたるから我慢した。

それからは、お父さんが来ると、走ってお迎えしたよ。

この家の、お姉ちゃん達とも仲良くなった。

一緒に大好きな日向ぼっこもしたんだ。

でも、だんだんお日様がいなくなるのが早くなって、寒くなってきた。

お兄ちゃんと一緒にいる時間も、短くなってきて淋しくなった。

夜も淋しいし、寒いし…ボクは、ママに会いたくなった。

そんなある日、この家のお母さんが「お家に入って、ご飯たべる?」って言った。

廊下の戸を開けて「どうぞ」って、お兄ちゃんと同じご飯をくれたんだ。

少し怖かったけど、お兄ちゃんもいたし、お姉ちゃん達もニコニコしてた。

それに、ご飯がスーパー美味しい!

ボク!ここんちの子になる!

 

Follow me!

コメント