ネコも歳を取る

ネコの日常

ゆきむらが匂うようになった。

「オカン、ゆきが臭いよ。」

ゆきむらの異変に気付くのは、けっこう三女が多いんです。

なんだかんだ言って、スキンシップを一番とっているんでしょうね。

やっぱり・・・そうよね・・・臭いよね?

「なんか痩せた感じもするよ。」

う~ん・・・そうよね。でも、猫缶は一缶ぺろっと食べるんだけど。

カリカリは、またワガママが始まって、最近食べないけど。

「熱はなさそうだけど・・・。」

そんなこと分かるの?

「わかるよ。フーフー苦しそうに息するし、耳がすごくピンク色になるもん。」

我が家の娘たちは、それぞれ猫に対して得意分野があるようです。

三女なんか最近まで、ゆきむらが下に見ているのは明らかな態度とられていました。

ゆきむらを見ていると、家族にカーストを当てはめている感じがありました。

トップは、もちろん自分。並びに旦那ちゃん。(何故なのかわかりません。)

その下に、長男と次女。(長女がランク外の訳https://itimatuneko0719.jp/unsolicited/

そして私

すごく納得がいきません。ご飯も、トイレも、遊ぶのも

私が一手に引き受けていると言っても過言ではないのに。

「きっと、そういう態度が透けて見えるからなんじゃない?」

三女の適切な言葉に、言い返せない。

でも、三女は私の下。

サイゾーと並んで一番下。

しかしこの位置って、考えようによっては、守ってやるべき存在という認識なのかもしれません。

となると・・・考えるのやめよう。

そんな尊大なゆきむらですが、もともと余り、鳴かない子なんです。

人間でいえば、無口なタイプだと思います。

だから、具合が悪いから鳴かなくなるとか、鳴くようになるとか、変化が分かりにくいところもありました。

それから数日様子を見ましたが、特に具合が悪そうではなかったんです。

しかし体臭が酷くて、これはおかしいということになり病院に連れて行きました。

診断は、口内炎。

正直、困ったとは思いましたが、深刻に考えませんでした。

ところが先生の話を聞いていくうちに、これは大変な病気だと思いました。

まず完治は難しいということです。

口内炎にもいろんなタイプがあるようですが、ゆきむらの場合は潰瘍性口内炎という病気でした。

このタイプは、原因がはっきりしないらしいのです。

ゆきむらは子猫の時に、血便が出たりする子だったので、猫エイズや白血病などが疑われ検査をしたことがあります。

幸いどちらも陰性だったので、ホッとしました。

しかし今回の口内炎で、やはり持って生まれた系統というんでしょうか・・・そんな気がしました。

「白猫に多いのかもしれないね。」

先生もそんなことをおっしゃいました。

診断から1年経ちました。

ゆきむらは、二か月に一度くらいの間隔で投薬治療をしています。

薬の効果は、二週間程度なので、なかなか上手に乗り切っています。

今日も、猫缶の下に隠した乳酸菌入りのちゅーるを避けるように食べてます。

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメント