室内飼いのリスク

ネコの日常

さて12月になりました。早いものですね。

街もクリスマスソングが流れて、クリスマス色に染まっているようですね。

お部屋も何となく、クリスマスっぽくしたくなります。

ちょっとした観葉植物を置くだけで、印象も変わるのですぐ楽しめて良いですよね。

ネコにとっては危険

今に時期ですと、ポインセチアやシクラメン(ミニなんか可愛いですね。)

落ち着いた可愛らしさがあって、お部屋に置くのも丁度いいですね。

ところが、この植物ネコちゃんにとっては危険なんです。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、ネコちゃんは植物が案外好きで、葉っぱにジャレたり、かじったりします。

ペットショップやスーパーにも(たまに)猫草なるものが売っていたりします。

これは、オーツ・カラムギ・レモングラス・エノコログサと様々あるようです。

これらは当然、安心して与えられるものですが、ポインセチアやシクラメンは危険なのです

間違って食べてしまうと、下痢や嘔吐を引き起こします。

とくにポインセチアは、葉っぱや茎を食べると、口内の激痛や皮膚のかぶれを起こします。

ネコちゃんの近くには、絶対に置かないようにしましょう。

案外、危険な植物

あまり知られていないけれど、他にもいくつか馴染みがあって、ネコちゃんにとっては危険な植物を記しておきたいと思います。

ユリ

ユリ科の植物を間違って食べると、呼吸困難・全身まひなどの症状が出る。

非常に危険。

スズラン

これもユリ科の植物。どこを食べても猛毒で、嘔吐・下痢・心不全を起こす場合も。

非常に危険。

ポトス

葉の部分に毒があり、食べると口内が腫れあがり強い痛みがあります。

皮膚炎を起こす場合も。

アイビー

葉・茎・種子どれを食べてしまっても危険です。

食べてしまうと、口の中が乾きよだれが出て、嘔吐・下痢を起こします。

アロエ

人間には良いと言われているアロエですが、ユリ科の植物です。

汁に含まれた成分が危険で、体温を低くしたり、下痢を引き起こします。

チューリップ

可愛らしい花ですが、これもユリ科の植物です。

特に球根が危険で、皮膚のかぶれを起こします。

最悪の場合、心臓麻痺を起こす場合もあるので非常に危険です。

朝顔

この花も馴染みが深いですが、種が危険です。

間違って食べてしまうと、嘔吐や下痢を起こします。

いかがでしょうか?

案外、身近な植物が多いので驚きました。

ネコちゃんも本能的に、危険なものは察知するので、必要以上に神経質になることはありませんが、側に置かないのに越したことはありません。

また、まだ経験値が低い子猫の場合は、とくに注意が必要だと思います。

 

*参考図書 「はじめての猫 飼い方・育て方」GAKKEN

 

 

Follow me!

ネコの日常
スポンサーリンク
管理人 いちをフォローする
毎日ネコ

コメント