ネコは家につく

ゆきむらは、とにかく元気な子猫で家中を、走り回ったかと思うと、どこかに入り込んで寝てしまう子でした。

膝の上に乗ったり、抱っこされたりするのもイヤがる子でしたね。

そんな感じで、どこにいるのかも分からず最初の頃は、どこで寝ているのか探し回り、確認して安心する。

そんなことのくり返しでした。

玄関にお客様などが来て、ドアが開くと、どこからかやって来て、サッと外に飛び出してしまうし、なかなか手強いネコでした。

家族みんなが、真っ白ゆきむらに振り回されて、風に飛ばされるコンビニの袋を見ても、ゆきむらを連想するほどでした。

そして、なんとなく昼間は、私がゆきむらの担当で、夜は長女が担当。

そんな役割分担が出来ていました。

脱走捜索に、ご飯の用意、トイレ掃除、休憩時間にはゆきむらを遊ばせ…と、ネコを飼うのってこんなに大変だっけ?

ロビンに、こんな思いしたことない。

それとも私の記憶違い?なんてホントに考えてたほどでした。この頃は完全に、ゆきむらに振り回されていました。

旦那ちゃんには、「付き人かよ。」なんて突っ込まれるほどでした。

夜、一緒に寝るのは長女でしたが、朝起きてくると「ゆきが枕を使うから、私の首が痛い。」

なんてことは、しょっちゅう言ってました。

ゆきむらも、長女の事が大好きでした。

大学生の頃は、アルバイトで帰りが遅い日もありましたが、家に近づいて来る足音を聞きつけると、玄関までお迎えに行くほどでした。

ところがある日、ゆきむらにとっては突然に、その日は訪れたのです。

長女が就職に伴い、家を出ることになりました。

どんなに遅くても、家に帰ってきたお姉ちゃんが、パッタリと帰らなくなり、淋しいと思ったかもしれません。

ただうちは、4人きょうだいなので、しんみりとはなりませんでしたが…。

そして、長女の後を継いだのが、順番で次女でした。

長女の時は、抱いて二階の寝室に連れて行ってましたが、次女は「ほら、行くよ。」と声を掛けるだけでした。

けれど、ゆきむらが従順に付いていくのを見て、やれば出来るじゃん。

なんて見ていました。

でも考えて見ると、長女が居なくなったことで、気持ちに変化があったのかもしれませんね。

そんなある日、長女がお休みで我が家にやって来ました。

心配をよそに、ゆきむらは足音を聞きつけると、鳴き始めました。

あら~やっぱりわかるんだね。

部屋に入ってきた長女に、脛こすりして大歓迎したのです。

そこまででした…。

脛こすりしていたゆきむらが、長女を見上げると

「シャー!」と、威嚇したのです。

長女の腕の中には、当時まだお付き合いしていた彼の、飼っていたネコちゃんがいたのです。

なんと!ゆきむらは、それ以来、長女に近づかなくなりました。

彼のネコを連れてなくても、長女が抱っこすると、腕からスルリと抜け出してしまうのです。

「終わった…」長女が淋しそうに言いました。

 

Follow me!

ネコ
スポンサーリンク
管理人 いちをフォローする
毎日ネコ

コメント