ネコはバッティングを避ける

ネコの行動

最悪だよ…最悪。

オレはね…割と、情が深い方だと思うわけ。

お母さんは、「ゆき、無視しないでよ。」とか言うけど、ちゃんと聞いてるし、鼻ちょんだってしてやってる。

大きいお姉ちゃんと寝るときだって、枕を半分こしてる。

たまに気が付くと、占領してるときもあるけどさ…。

顔の方に、お尻向けてたこともあるけどさ…。

え~と…あと…

まっ、いいか…。

でもオレだって、寝てたのに寝ぼけたお姉ちゃんに、顔面パンチされたことあるし。

お互い様って奴だろ。

人間が家を出て、自立するっていうのもわかってる。

オレ達ネコだって、いつまでも母さんと一緒にはいない。

だから、大きいお姉ちゃんが家を出たのも理解してる。

今は、中姉ちゃんと寝てるけど、別に不自由は無い。

まっ…枕はダメ!って言うから、足元で丸まって寝てるけど。

これはこれで快適に過ごしてる。

ただ言わせてもらえば、休みの日は起きるの遅すぎなんだよ。

朝になったら、お母さんのところへ行きたいわけ。

新しいカリカリとか、お水とかトイレとか、オレのスタイルっていうか、サイクルっていうのがあるわけ。

だから時間になると、「下に行こうぜ。」っていうわけだ。

平日は、何事もなく下に行ける。

しか~し、休日は大きいお姉ちゃんも然り、中姉ちゃんも全く動かない。

「カリカリも、お水もトイレもあるでしょ!」って言って、また寝るんだよな~。

チッチッ!そんなの分かってるよ~。

そういうものじゃないの。

わかる?

朝は、袋から出したてのカリカリ。

器に入れた時の、カラカラって音!

あれが好きなんだよ~。

お水だって、水入れの水じゃなくて、朝はお風呂場の水って決まりなわけ。

何度言っても、休みの日は忘れるんだよな~。お姉ちゃんたち。

あっ…話がそれた。

そう…最悪な話し。

大きいお姉ちゃんが独り立ちして、中姉ちゃんと過ごして、それにも慣れてきた頃。

久々に、大きいお姉ちゃんが来て、オレだってちょっと嬉しかったわけ。

なんか…いつもと違う匂いがするとは思ってたけど、嬉しさの方が勝ってた。

「ネェ、ここどこ?」

「!」驚いて見上げると、知らないネコ。

しかも、大きいお姉ちゃんが「ゆき、友達だよ。」って言ったんだ!

「!」意味わかんねーし!

友達じゃねーし!

人んちの縄張りに、勝手に入ってくんな!

態度でかいし、体もデカいし、コイツ絶対!ムリ!

オレの匂いを嗅ぐな!

側くんな!

威嚇するオレに「ゆき、仲良くしてよ。名前は、ちくわって言うんだよ。」だって。

知るか!知るか!知るか!

その日オレは、大きいお姉ちゃんが帰るまで、部屋に行かなかった。

一番高い棚の上から、一歩も降りなかった。

やっと帰った…

!!!

あのやろーオレのトイレを使いやがった!

あいつ…ゆるさん!

お母さん!トイレ掃除して!

 

Follow me!

コメント

PAGE TOP