モグニャンのレビュー 正直に書いてみた

ネコ
サイゾー
サイゾー

ボクとお兄ちゃん(2019.6に虹の橋へ)が食べてたよね。

ボクあれ好きだったよ。

いちまつネコ
いちまつネコ

そうだよね・・1年間は食べてたよね。

二人とも食べ飽きなかったよね。

今は、食べてないけどね。

今は亡きゆきむらは偏食で、食べ飽きる天才(笑)でした。

ゆきむらは12歳で他界しましたが、私のフードジプシー歴は10年にも及びました。

フードジプシーだった私を救ってくれたのが、モグニャンです。

🐾 モグニャンを食べていた頃の様子

🐾 モグニャンをやめた理由

🐾 モグニャンやめた後の様子

こんなことが分ります(^▽^)/

二人ともモグニャンが好きだったし、私もフードジプシーから解放されてモグニャンには感謝です。

そんな私とネコたちでしたが、モグニャンをやめました。

そこにはこんな理由があったんです。

モグニャンをやめた理由

察しの良い人は、理由も見当がつくかもしれません。

私がモグニャンをやめた理由は、サイゾーくんが病気になったからです。

 

病名は「膀胱炎」です。

ゆきむらが旅立ってからすぐに、1回目の膀胱炎。

サイゾーはゆきむらっ子だったので、ストレスかなと思いました。

それから5か月後に再発。

獣医さんには「尿路結石の予備軍だよ。」と言われました。

まだ6才だったので、すごくショックでした。

そのとき獣医さんに

「何を食べさせてるの?」と聞かれ

「モグニャンという商品なんですけど・・・」というと

「あぁ・・・」と、獣医さんも看護師さんも口をそろえて言ったんです。

このときの「あぁ・・」は何だったのか、いまだに聞いてはいません。(泣)

(聞いとけばよかった・・。)

 

膀胱炎になったサイゾーくんは、獣医さんの指導の下療法食に切り替えました。

現在はロイヤルカナンを食べています。

これ以外は食べさせないようにと言われています。

「たま~に・・ちゅーるとかは・・?」

と聞いてみましたが、答えは当然NO!でした。(笑)

(ちなみに先生の家のネコちゃんは、ロイカナだけだそう)

ということなので、当然1年続いたモグニャンの定期購入は断りました

そのときにやめる理由を聞かれたので

「尿路結石の可能性が出てきたので、療法食になるからです。」

と説明しました。

オペレーターの方も、すんなり納得していました。

(そりゃそうですよね・・。)

現在も、大好きだったちゅーるもモグニャンも食べていません。

心配した食べ飽きる行為ですが、全く食べ飽きていません。

ちょっと驚きです。

そのことについて調べてみたのがコチラです。

食べ飽きない黄金比率【猫のごはん】

よかったら、ご一読ください。

モグニャンを食べていた頃

フードジプシー生活も長くなると、そういうものだと思っていて、改善すべき事象とは思わなくなるものなんですね。

「また食べなくなった~。はぁ・・次はどれにしよう?」

こんなことを10年もやっていました。

経験してわかったんですが、この行動が一番ダメなことだったんです。

みなさんも、もしもフードジプシーならコチラを参考にしてください。

【要注意】フードを食べない時にやってはいけないこと

私のように10年もムダにしてほしくなくて書きました。

 

その後ひょんなことでモグニャンを知り、試してみると・・食いつきの良さに驚きました。

でもまだ「最初はいいのよ・・最初は。」くらいにしか思っていなかったんです。

ところが偏食の激しいゆきむらも、全く飽きる素振りが見られなかったんです。

「これはスゴイ!」

3ヶ月くらい経過しても飽きずに食べていました。

食べ始めてから、ゆきむらもサイゾーも便通も良かったし、毛艶もよくなってモグニャンには、本当に感謝していました。

ただ、この頃のゆきむらは口内炎と闘いながら、生活をしていたんです。

口内炎は口の中が腫れあがる病気です。

カリカリは食べづらかったと思います。

(あまりにも痛がる時は、ネコ缶でした)

それでも炎症が治まっている時は、モグニャンを食べていました。

 

そして・・ゆきむらに腎臓病がみつかります

ステージは3~4。

気づいたときは、かなり進行していました。

その後ゆきむらだけは、ロイヤルカナンの療法食になりました。

でも、あまり食べませんでした。

ふやかしても・・食べませんでした。

でもモグニャンを少しとカツオのお刺身は食べたので、それをあげていました。

 

そして3か月後に、ゆきむらは虹の橋に旅立ちました。

サイゾーまで

それから2週間くらいで、今度はサイゾーが具合を悪くしました。

膀胱炎でした。

お薬を10日間ほど飲んで、回復しました。

その後は何事もなく、モグニャンを食べていました。

夜ご飯は、ネコ缶とモグニャン。

ときどき、ちゅーる。

そんな生活でした。

 

ところが再び、サイゾーの具合が悪くなりました。

膀胱炎の再発です。

「これはね・・尿路結石になる可能性があるね。」

驚きました。

ゆきむらの時もそうでしたが、病気の入り口は口内炎とか膀胱炎という大病ではないんです。

ところがこれが後々、大変なことになるのを経験しているので、先生の説明にめまいがするようでした。

どうしてこんなことになるのか・・・先生に思わず聞きました。

質のいいご飯をあげて、大事にしていた自信があったからです。

「体質もあるし、男の子は尿路結石にはなりやすいんだよ。」

「それと・・ごはんは何を食べさせてるの?」

モグニャンという商品なんですけど・・・と切り出しました。

たぶん説明が必要なんじゃないかと思ったからなんですが、意外にも先生も看護師さんも知っているようでした。

それ以上の説明を求められることはなく、フードを切り替えるように指導されたのでした。

まとめ!

サイゾーも7才になりました。

老猫の入り口です。

療法食になって8ヶ月が過ぎようとしていますが、食べ飽きることもなく元気にしています。

食欲も旺盛で、ゆきむらに上げておいた、お供えのフードも食べちゃうほどです。(笑)

そしてちゅーるもネコ缶も欲しがることなく、ロイヤルカナンだけを食べています。

 

過ぎてみると、あんなに大変だったフードジプシーの日々は何だったんだろう・・

やっと巡り合えた食べ飽きないご飯は、何だったんだろう・・・

最初から何かが間違っていたのかな?

もっと早く気がつくことが出来たのかな?

いろんなことを考えてしまいます。

 

ごはんは大事です。

当然ですよね。

私のように遠回りをしないように、願いを込めて書きました。

どうぞみなさんも、ペットのごはんのこと、もう一回考えてみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメント