メインクーン

ネコの行動

猫の種類って(人間だと人種?)たくさんある。

オレは真っ白だから、柄のあるヤツのことは、実は、あんまり見分けがつかない。

それよりも、体のデカさが気になるかな。

前に庭で、いつものように遊んでる時、真っ白の猫が目の前に現れた事があった。

オレに、そっくりでビックリした。

良く見たら、オレの方がスラッとしてるし、顔つきもオレの方がハンサム。

それよりも、縄張りを守らなきゃいけなかったと、ちょっと慌てていたら

「あれ?タカちゃん?」

って、お母さんが、ソイツに声掛けてた。

「道路渡って来たの?お母さんに怒られるよ。お店にお帰り。」

どうやら近所の美容室のネコらしい。

ソイツは、オレのことは無視したくせに、お母さんにはニャーなんて返事してた。

ムカつく。

急に現れるもんだから、ビックリしてシッポが狸みたいに、ボワッってなったのもしゃくに障る。

もう来んな!

自分に似てるのも、オレより体がデカいのも気に入らないからな。

それにしても、ふてぶてしいヤツだった。

その後、お母さんが「タカちゃんは、15才なんだよ。元気だよね。」だって。

ふてぶてしい訳だ。

人間だと、だいたい87才くらいだもんね。

ふてぶてしいと言えばこの前、大きいお姉ちゃんが連れてきた、あのモコモコネコ!

思い出しただけで、腹が立つ!

ここどこ?…なんて甘えた声出して!オレの縄張りなのに!

しかも、トイレまで使った!

ゆるさん!

二度と会いたくない!

大きいお姉ちゃんも、お姉ちゃんだよ!

仲良くなんて出来るわけないじゃん!

あぁムカつく!

ところがある日、またまた態度のデカイ、体もデカイあいつが、やって来た。

「何回も会えば、仲良くなるよね。」

大きいお姉ちゃんは、彼氏が出来てバカになった。

オレは、そう思ったね。

何度会っても、ムリ!

なのに、アイツは「ねえ、遊ぼーよ。」とか「そこで寝ても良い?」とか「ゆきちゃんのゴハン美味しいね。」とか寄ってくるわけ。

オレは頭にきて、頭にきて、白い体が赤くなるかと思ったね。

あんまりウルサいから、一度連続ネコパンチをお見舞いした。

「ビックリするじゃん。止めてよね。」

ってお返しされたんだけど、このパンチが重い。

耳が取れたかと思ったよ。

コイツ…日本猫じゃない。

お母さんと、大きいお姉ちゃんの話しでは、メインクーンという種類のmixじゃないかって。

なんだ…オレと同じ雑種じゃん。

なんだよ…そうか…。

でも、外国猫って…スラッとしてるんじゃないのか?

アイツ…前足も後ろ足もスゴく太い。

でも、短い。

んで、スゲー力が強い。

「もう、連れて来るなよ。ゆきがイヤがってるだろう。」

お父さん!良く言ってくれました!さすがです!

でも、お父さんがいなくなると女達は

「お姉ちゃんと、ちくわを通してジンくん(彼氏の名前)を見ちゃうんだよ。父親は、彼氏のことはキライなものだもんね。」

あの~論点がズレてますよね?

頼むから、もうアイツを連れて来んな!

 

Follow me!

コメント

PAGE TOP