メインクーン再び

ネコの日常

サイゾーくんは臆病さんです。

野良猫だったので、慎重に慎重を重ねるようになったのでしょう。

音には敏感で、特にビニール袋のガサガサっという音は大嫌いです。

とにかく臆病で、室内飼いになったのに、庭側の廊下からリビングになかなか入ってきませんでした。

そんなサイゾーですから、おっとりした性格で、慣れれば自分から人の膝に乗ってくる子でした。

ごはんが欲しくなると、まとわりついてきたり、餌を持った私の手に頬ずりしたり…

これぞネコ!Theネコ!って子です。

やっぱり私の記憶は間違っていなかった。

ゆきむらくんが個性的なんだ。

そう気付いたとき、なんか嬉しかったですね。

そんなある日、サイゾーもチクワの洗礼を受ける事になりました。

その日も突然、チクちゃんはやって来ました。

しかも泊まり掛け。

長女夫婦(ジンくんと結婚しました。)が旅行に行くので、チクちゃんを預かることになったのです。

たまに遊びに来ていたからなのか、チクちゃんは臆することなく、過ごしていました。

我が家のネコの方が、遠慮しているように見えました。

ゆきむらは、相変わらず側に寄りません。

チクちゃんも心得たもので、どこ吹く風で寛いでいました。

そんな様子を見てなのか、サイゾーもチクちゃんと、ケンカにはなりませんでした。

ところが、サイゾーの「ニャ…ニャッニャ」という奇妙な鳴き声が聞こえました。

見渡してもサイゾーの姿はありません。

チクちゃんが寝ているだけ。

と思ったら、チクちゃんの下敷きになっています

もっと良くみれば、チクちゃんがサイゾーにジャレているようでした。

チクちゃんは、メインクーンのmixだと思われるネコなので、当時まだ2歳なのに、6キロ超はありました。

今から思えば、まだこの頃でも小さかったんですが…。

(今は、8キロあります。)

サイゾーも、やられるばかりではなく応戦していました。

しかし、チクちゃんは毛足が長いので、噛みついても口の中が毛だらけになって、応戦もかなわず、サイゾーはなすがまま状態でした。

まるでジャイアンと、のび太のようです。

ただ、サイゾーの性格が穏やかなのと、チクちゃんの独特な性格の相性は悪くなかったようです。

一緒に、くっついて寝たり、ご飯も並んで仲良く食べたりしてました。

今も時々、チクちゃんはやって来ます。

ゆきむら11才、サイゾー5才、チクちゃん7才です。

人間年齢に直すと

ゆきむら60才、サイゾー30才、チクちゃん48才くらいです。

でも、見た目があまり変わらない彼らは、関係性事態もあまり変わらないですね。

今日も元気に過ごしています。

 

 

 

 

 

Follow me!

ネコの日常
スポンサーリンク
管理人 いちをフォローする
毎日ネコ

コメント