外ネコのリスク

ネコ

外ネコのリスク

前にも書かせていただいたのですが、ネコちゃんを飼うのにあたって、おススメしているのが室内飼いです。

(https://itimatuneko0719.jp/escaped-prisoners(1)/)

やはり自由に外へ行かせてしまうと、リスクが多すぎるからです。

どんなリスクが考えられるでしょうか?

  1. ご近所の庭に入って、粗相をしてしまう。
  2. 交通事故に遭う危険がある。
  3. 猫同士のケンカで怪我をしてしまう。(ネコエイズのリスク)
  4. 何かのトラブルに巻き込まれ、帰ってこられなくなる。
  5. 自分の飼い猫が、怪我をさせてしまう。
  6. 野良ネコちゃんと間違われて、去勢・避妊の手術をうけてしまう。

ザっと挙げただけでも、これだけのリスクがあります。

順を追って考えてみましょう。

1.の場合。

もう15年くらい前の話しになりますが、お隣のおじいちゃんはネコが嫌いでした。

うちは、まだネコを飼っていませんでしたが、道路を挟んだご近所にネコちゃんを飼っているお宅がありました。

多頭飼いで、放し飼い状態だったこともあり、近所でよくネコちゃんを見かけていました。

お隣の庭にも入り込んだりしたようで、非常に怒っていました。

現在は、そこのお宅は引っ越されているので、それもなくなりました。

2.の場合。

ある日、我が家のガレージにうずくまっているネコちゃんを見つけました。

「どうしたのかな?」と近づくと、口から血を出しているのがわかりました。

しかもお隣のネコちゃんだったのです。

急いで抱いて連れていき、おうちの方も病院に連れていかれたようです。

診断結果は、口内裂傷。原因は、交通事故でした。

その後、ネコちゃんは回復して、室内飼いになりました。

3.の場合。

ご近所の知り合いのお宅のネコちゃんは、ある日、怪我をして帰ってきたそうです。

耳が取れるんじゃないかと思うほどの、大怪我だったそうです。

治療して回復しましたが、その後の検査で、ネコエイズに感染しているのが分かったそうです。

現在も、投薬治療をしています。

4.の場合。

行きつけの美容院に張り紙がありました。

帰ってこなくなった飼い猫ちゃんの張り紙でした。

3ヵ月経過した現在も、戻っていません。

5.の場合。

可能性の話しになりますが、自分のうちのネコちゃんが怪我をしてきたら、相手にも怪我をさせている可能性は高いですね。

これが原因で、トラブルに発展する可能性も捨てきれません。

6.の場合。

知り合いの方は、自他ともに認めるネコ好きさんです。

自分の飼い猫ちゃんも、通ってくるネコちゃんも分け隔てなく愛でる人です。

ほぼ毎日通ってくるネコちゃんがいましたが、発情期で気もたっていて、ちょこちょこ怪我もしてくる。

心配になったこの方は、通ってきて半年経つことから、自分で飼うことに決め避妊手術の予約を病院に入れていました。

今日来たら、病院に連れていこうと思っていたその日、やってきたネコちゃんには首輪が付いていたそうです。

この方は事前に、ご近所や近隣の方動物病院の先生にも聞いたりして、出来る限りの情報網で、飼うと決めたネコちゃんの情報を集めていました。

その結果、野良ネコちゃんだろうと判断したんだそうです。

「良かったわ~。寸前にわかって。」とため息交じりに言ってました。

やはり外ネコちゃんには、リスクが多いようですね。

 

Follow me!

ネコ
スポンサーリンク
管理人 いちをフォローする
毎日ネコ

コメント