人間でもネコでも怖い話

ネコ

思いもよらないこと

前回は、外ネコちゃんのリスクについて書いていきました。

獣医さんも勧めるように、外ネコ飼いは危険が多いようです。

https://itimatuneko0719.jp/escaped-prisoners(1)/ ‎

ゆきむらは定期的に病院に通っていますが、その時に、こんな話しも聞きました。

見つかりません | 毎日ネコ

怖い話

お話をしてくださった方の、地域での話です。

私が住んでいる街とは、ちょっと離れているので住宅地の様子はわかりません。

その方がおっしゃるには、市街地の新興住宅地だそうです。

近所の子供たちが、自然に集まっては夕方まで遊んだりする、のどかな所だそうです。

新興住宅地の中でも、割と早いうちに住んでいるあるお宅は、ネコちゃんを多頭飼いしていました。ネコちゃんは自由にさせていたので、近所で見かけるネコちゃんは、だいたいそこのお宅のネコちゃんだそうです。

でも人慣れしているので、子供たちもよく撫でたりしていたそうです。

ある日、近くの用水路の端で、水面を覗き込むような姿のネコちゃんを、近所の子供たちが見かけました。

子どもたちはすぐに、あのおうちのネコちゃんだ!と気づいたそうです。

危ないから連れていこうと近づくと、異変に気付きました。

座る姿のまま動かないし、背中に四角い傷がありよく見ると、なんと皮を剥がされていたそうです。

もちろん、そのネコちゃんは亡くなっていました。

ビックリした子供たちは、急いで飼い主に知らせにいったそうです。

亡くなり方が異常だったので、警察にも届けたそうです。

しかし未だに、原因も誰がそんなことをしたのかも、分かっていないそうです。

人間側の意識改革

外ネコ飼いをしている方にお話を伺うと、だいたい皆さん

「ネコってそういう特性でしょ。」あるいは「ストレスが溜まって可哀想。」

そんなお話をなさいます。

私も、ゆきむらを飼うまでは、そういう認識でした。

しかし獣医さんに、ネコを飼うにあたっての説明を受けて、間違った認識だったのだと気づきました。

基本的にネコは、テリトリー以外は興味を示さないので、外に出さなければそういうものだと思い、ストレスは感じないそうです。

実際、我が家のネコたちは、特にストレスを感じさせる行動等はありません。

今回の話しは私にとって衝撃的でした。

報道などで動物虐待の話しを、見たり聞いたりしますが、どこか対岸の火事でした。

しかし実際お話を聞くと、なんとも遣り切れない気持ちになりました。

私たちに出来ることは、今のところ自衛しかありません。

とくにネコちゃんに関しては、外飼いをせず室内飼いをしましょう。

このお話を伺って強く感じました。

 

 

 

Follow me!

コメント