【野良猫を飼う!】準備と心構え

ネコの飼い方
Mother with her baby playing with pet on the floor at the kitchen at home

ちょっと前から近所で、野良ネコちゃんを見かけるの。

靴下をはいたような柄で、かわいい子猫で私になついてるんだけど飼うか迷ってるの。

寒くなってきたし、このままじゃ弱っていくし、最悪死んじゃったらどうしようって思うと・・。

猫を飼ったことないんだけど、飼えるかな?

いちまつネコ
いちまつネコ

野良ネコちゃんを飼うにあたっては、やらなければならないことがあります。

そしてネコちゃんを飼う心構えというのも、しておいてくださいね。

といっても、難しいことではないので、ちょっとお話を聞いてください。

サイゾーくんも、ちょうどこの季節に我が家にやって来ました。

ゆきむらにくっついて、毎日遊んでいましたが、夜はどこで過ごしているのか分かりませんでした。

ポイント!

🐾 野良ネコって、どういう猫

🐾 飼う準備

🐾 猫を飼う心構え

こんなことが分ります(^▽^)/

子猫って小さくてはかなげで、どうにかしてあげたい気持ちわかります。

猫を飼うことって、そんなに難しそうじゃないし・・・。

いえいえ・・心構えは必要なんです。

野良ネコってどんな猫?

野良ネコちゃんて、どんな猫のことをいうんでしょう?

飼い主を持たない猫・・家がない猫・・自由気ままな猫?

そうですね・・どれも当てはまります。

でも街にいる野良ネコちゃんは、複数の飼い主さんをもってるようです。

飼い主さんというより、ごはんをくれる人という感じですね。

でも野良ネコちゃんなので、人とは一定の距離を置きます。

人懐っこい子もいますが、家に迎い入れるときは注意は必要です。

 

野良ネコちゃんを迎い入れるにあたって、何に注意するんでしょうか?

それは本当に野良ネコちゃんなのか、確かめるということです。

飼い猫でも、外に自由に出している飼い主さんもいます。

そんなネコちゃんを、連れて帰ってしまえばトラブルにもなりかねません。

なので本当に野良ネコちゃんなのか、確かめる必要はあります。

ネコちゃんを注意して見ていると分かることがあります。

それは・・・

  • 痩せている
  • 毛艶がわるい
  • 体がホコリっぽい

いくらご飯をくれる人がいるといっても、常に満腹ではいられないので痩せています。

バランスのいい食事がとれていないので、毛艶はあまりよくありません。

そしてきれい好きで、毛づくろいをしているといっても、外での生活なので体にさわるとホコリっぽいですね。

外はおちおち寝られない

 

野良ネコちゃんの寿命は5~8年といわれています。

室内飼いのネコちゃんだと、16年が平均なので野良ネコちゃんはその半分ということになります。

野良ネコちゃんの世界は、けっこう過酷なのがわかりますね。

【過酷】野良猫の世界

元野良猫のサイゾーくんを通して、野良ネコちゃんの世界を書いています。

参考までによかったら、読んでみてください。

猫ってこんな感じ

野良ネコちゃんに出会ってしまって、初めて猫を飼うことを決意する飼い主さんもいると思います。

そこで猫を飼うってどんな感じなのか、ちょっとお話ししてみますね。

 ほぼ寝ている(12~16時間)

子猫だとなおさら良く寝ます。

□ どこかに潜り込んで寝る

今度は飼い主さんの家が縄張りになるので、いろんな所を確認しながら疲れたら寝る感じです。

□ ゴハンは一度に食べない(だら食い)

一口が小さいです。

そして何回かに分けてダラダラ食べます。

□ おしっこはくさい

けっこう強烈なにおいがします。

でも猫砂とトイレシートが優秀なので、ほぼ臭いません。

□ ちょっと高い所にのぼりたがる

棚の上やテーブルの上などは、しょっちゅうのぼります。

落とされて困るものは、片付けておくほうがいいですね。

 ジャレて遊ぶ

リボンとか猫じゃらしのようなもので、遊ぶのが好きです。

我が家の二匹は、ティッシュを丸めたティッシュボールを投げて遊ぶのも好きです。

おまえ大きくなったな(ネコの声)

 

ワンコと違ってお散歩がいらないネコちゃん。

家の中にばかりいて、ストレスはないのか気になりますよね。

野良ネコちゃんなら尚更、外の世界より狭い家の中はかわいそうに思えますよね。

でも心配はいりません。

ネコちゃんは縄張りを持っています。

外にいたときは、外の縄張りがありました。

毎日そこをパトロールするのは日課です。

目的は・・

✔ 餌にありつくため

✔ 縄張り内に変化はないか

✔ 安全に休める場所の確保

これが縄張り内のパトロールの意味です。

飼い猫になれば、家の中がパトロール対象になるだけです。

(もちろん飼い主さんもパトロール対象ですよ。w)

最初は外に出たがるかもしれませんが、家の中でごはんを食べて安心して眠れたら、外には興味はなくなります。

サイゾーくんが正にそのタイプでした。

今ではサッシが開いていても、外には出ません。

ネコちゃんは外の広い世界が好きなんじゃなくて、安心して住める場所が好きなんです。

なので室内飼いで、ストレスになることはありません。

安心してくださいね。

迎い入れる準備

さあ飼うことに決めたら、用意するものがあります。

用意するもの
  • ゴハン用とお水用の食器
  • 猫用かりかり(ネコ缶)
  • トイレ(猫砂・トイレシート)
  • キャリーバック

最初はこれだけあれば大丈夫です。

キャリーバック?って思うかもしれませんが、必須アイテムです。

まず、外から家に連れ帰るときに必要です。

連れ帰ると、最初は見慣れない場所で怯えるので、キャリーバックが隠れる場所になります。

それから2~3日から一週間のうちに、病院に連れていくのでその時に必要です。

できればお風呂も入れてしまいます。

(ノミやダニの心配があるので)

無理な場合は、蒸しタオルなどで拭いてあげましょう。

迎い入れたときは大変ですが、一週間くらいで落ち着いてくると思うので、それまでがんばりましょう。

 

野良ネコちゃんの場合は、必ず病院に連れて行って健康診断をしてもらいます。

(予防接種もしてもらいます。)

野良ネコちゃんは病気を持っていることや、寄生虫を持っている場合もあります。

早期に治療をすれば、それだけお金の負担も少なく済みますし、ネコちゃんも健康に長生きができます。

ちなみにサイゾーくんは鳥の寄生虫を、チクちゃんはカエルの寄生虫を持っていました。

野良猫時代に何を食べていたのか分かりますね。

(野良ネコの世界って、ホントに過酷)

もう終わり?

それなのでキャットフードをあげると、すごく喜んで食べます。

本当にかわいいです。

でも、ちょっと胸が痛みます。

今まで何を食べてきたんだろう・・って考えると切なくなりますね。

これからは幸せに暮らすんだよって、心に誓いますよね。

本当に幸せにしてあげたいって思えます。

というか、幸せにしてあげましょう。

まとめ!

出会ってしまった野良ネコちゃん。

飼うことになったのも縁ですね。

ワンちゃんほど手間はかかりませんが、野良ネコちゃんを飼うのにはやるべきことと覚悟はいります。

 

こんな話しを聞きました。

譲渡会で審査を通った飼い主さんが、病気になったから返したいと言ってきたそうです。

しかも珍しいことではないようです。

すごく残念ですね。

ネコちゃんはワンちゃんより、病気にはなりにくいと言われますが、病気をしないわけではありません。

(ネコちゃんと特有の病気はあるが、人には移らないものが多い。)

我が家のゆきむらは腎臓病で他界しましたが、家族のもとで安心して逝かせてあげられました。

ネコちゃんにとって、最後まで安心させてあげられるのが飼い主の務めだと思います。

最後までみんなと一緒がいいよ

縁あって出会ったネコちゃん・。

きっと素晴らしい時間を共有できます。

本当に魅力がいっぱいのネコちゃん。

きっと飼い主さんを幸せにしてくれます。

(得意技は癒しです。)

だから飼い主さんも、ネコちゃんを幸せにしてあげてください。

最後まで、かわいがってあげてくださいね。

ステキな時間をすごせますように願いを込めて。

 

 

Follow me!

コメント

PAGE TOP