【ムダ】猫に期待しないで

ネコの飼い方

猫を飼ったら・・・

  • 一緒に寝る
  • 帰ってきたらお出迎え
  • 呼ぶとニャーンと応える

想像しただけで、かわいいよな~。

いちまつネコ
いちまつネコ

水を差すようですが・・・

ネコちゃんに期待するのは、やめた方がいいです。

(きっぱり!)

「飼うなら絶対ネコ!一緒に寝たいから!」

その希望は理解した。

だが、そのつもりはない。

(猫の気持ち)

ポイント!

🐾  寝てくれないの?

🐾 がっかりは、お門違い

🐾 出会った、たった一匹

こんなことを書いています(^▽^)/

猫を飼ったら、ああしようこうしようと、夢を持つのはステキなことです。

でもそれ・・・思い込みとか押し付けになってませんか?

理想と現実

真っ白ネコのゆきむらが、我が家にやって来たとき、私の胸はときめきました。

「腕枕してあげるんだ~。まてよ・・案外お腹の上で寝てたりして。」

「呼ぶと駆け寄ってくるんだよね~。」

「名前・・はやく覚えてくれるといいな。」

小さなゆきむらが、ぬいぐるみと一緒に寝る姿を見て、夢は膨らんでいきました。

 

ところがお昼寝は、旦那氏の足元。

それ以外は、どこで寝ているのか分からない状態。

夜は知らない間に、ベッドの足元にいて重しになってる。

呼んでも絶対に来ない。

でも、ゆきむらは私のことを呼びつける。

思い通りにならないと、ずーっと鳴き続け、障子に穴どころか襖にも大穴をあける。

高い場所にのぼってから、吐く。

そして脱走・脱走・脱走・・・。

半年たったころには

「猫ってこんなだっけ?飼うの失敗だった?」

と、ゆきむらに振り回されて疲れ切った自分がいました。

私が飼っているのは、猫じゃないのかも

 

そんな疲れ切った日々を送っていて気づきました。

「家族で私以外、あんまり気にしてない。」

それもそのはずです。

家族で私以外の人間は、今まで猫を飼ったことがないんです。

しかも切実に、猫を飼いたいとか、猫が欲しいとか思ったことがないと思われます。(笑)

先入観がない。

猫に対して、希望も期待もない。

「猫ってこういうんだ~。」

↑こんな感覚で一緒にいたんです。

この感覚すごく大事です。

 

その後7年経って、サイゾーくんと出会い迎い入れることになります。

が、迎い入れに一番難色を示していたのは私だったんです。

やせ細ったチビ野良猫のサイゾーを、すぐに迎い入れることが出来なかったのも、私に迷いがあったからです。

子供たちにも、旦那氏にも懐いたサイゾーでしたが、なかなか踏ん切りがつきませんでした。

「猫が2匹になるのなんか・・無理。ゆきむらが2倍だよ?ムリ!」

そんな風に怖気づいてしまっていました。

そんな状態が一ヶ月以上続きました。

でもある日、寒さに震えるサイゾーを見捨てられず、迎い入れました。

ところがサイゾーは、ゆきむらとは正反対といってもいいネコちゃんでした。

そっと膝の上にのってくる、大人しい猫でした。

「ゆきむらが・・個性が強いだけだったんだ。」

そう思いました。

そして、どれだけ自分の猫像(?)を、ゆきむらに押し付けていたのか思い知りました。

猫はこうでしょ・・・✖

猫も個性重視・・・・

単純で当たり前のことですよね。

そしてサイゾーが来たことで、ゆきむらとの関係も良好になっていきました。

がっかりは猫じゃなくて自分

正直に言いますと

「猫飼って・・・失敗したわ・・・。」

という考えをもっていた私。

本当に最低だと思います。

勝手に妄想を膨らませ、イメージと違うとげんなりしていたんです。

ペット < 自分 という考え方をもっていたんですね。

意識はしていませんでしたが

「私が面倒をみてやってる。」

という感覚はあったと思います。

そういう考えを持っているから、ゆきむらが思うようにいかないと、がっかりするわけです。

そして気づきました。

「そんな風にしか考えられない自分に、がっかりなんだ。」

ネコ缶開けなさい。

でも、ゆきむらは強かったんです。

自分を曲げずに生きていました。(笑)

でもある出来事が切っ掛けで、ゆきむらと通じ合うものを感じたんです。

そして私が、変わっていきました。

ゆきむら < 私 から ゆきむら = 私 になりました。

ゆきむらは、いうことを聞かない猫(ペット)から、ゆきむらという家族に変わりました。

 

ある出来事とは、サイゾーの迎い入れです。

突然やって来たサイゾーを、威嚇して嫌っていたゆきむら。

えずく(吐き気がする様子)ほど、嫌っていました。

迎い入れると、高熱も出しました。

別室で飼うしかないと思っていました。

ところが熱が下がったゆきむらは、サイゾーを受け入れたんです。

「みんなが受け入れたんじゃ仕方ない。お前を認めるよ。」

そんな風に見えました。

ゆきむらだって家族として、がんばってくれたんですね。

まとめ!

ネコちゃんと一緒のあなたは、そのネコちゃんは想像通りでしたか?

それともゆきむらのように、想像の斜め上をいったでしょうか?

 

どんなネコちゃんだったにしても、その子は世界でただ一匹のあなたの猫です。

飼い主さんなら分かると思いますが、言葉でのコミュニケーションは出来ませんが、意思疎通はできるんですよね。

どんなにつれない態度でも、自分のことしか考えてないようにみえても、ネコちゃんは飼い主さんのことが好きです。

一緒にいてくれるということは、あなたのことが好きなんです。

あなたが思うような行動をしなくても、一緒にいるのなら、あなたのことが好きです。

猫って思ったより、愛情深いんです。

 

行き違いがあるとしたら、あなたの勝手な思い込みのせいです。

猫を飼う以上、思い通りになったらラッキーくらいでいった方がいいですね。

 

思い通りにいかないけど、ずっとそばにいてくれる・・・。

それがネコちゃんです。

 

あなたとネコちゃんの穏やかな日々が、一日でも多く続きますように願いを込めて。

あわせて読んでいただきたい

【体験談】ペットを飼うのに疲れたら・・・
散歩もなくて、楽だと思って猫を飼ったのに・・。 家は汚すし、しつけは効果ないし・・。 もう疲れた・・後悔ばかり・・。 犬にすればよかった。 いちまつネコ あら...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

PAGE TOP