出会い

ネコ

今日は、我が家のネコたちの紹介をします。

白いネコのオレの名前は

ゆきむら…拾ってくれたお姉ちゃんが付けてくれた名前。

そう…お姉ちゃんは戦国武将に

ハマっていたんだ。

 

キジトラのボクの名前は

サイゾー…お兄ちゃんの名前が

名前なので(笑)、ボクの名前も合わせた方が良いって…お母さんが、一番小さいお姉ちゃんと考えてくれたの。

みんなエッって顔するけど

でもボクたち名前を気に入ってるよ。

だって、みんな名前を呼ぶとき

優しい声で呼んでくれるから。

(たまにコワイ声の時もあるけど)

オレ…ゆきむらは、白猫の母さんから生まれたんだ。

五人兄弟(たぶん)

母さんはある日、事故にあって

死んじゃったんだ。(たぶん)

大学の敷地内に住んでたから
大学生のお姉さん達が、母さんのこともオレ達のことも知ってたんだ。

そしたら道路に倒れてる母さんを見つけて、オレたちのことを心配してくれたんだって。

お姉さん達は、みんなに呼びかけて兄弟達を引き取ってくれたんだ。

そしてオレゆきむらは、このウチのお姉ちゃんに連れてこられたんだ。

その時、オレはまだ2ヶ月でティッシュの箱より小さかったんだ。

初めて会ったとき、お父さんはスゴく戸惑ってたけど、(思い出すと笑える。)家族にしてくれたんだ。

 

ふ~ん…お兄ちゃんは、ママがいないの。

ボクはね~

覚えてないの。

いつものようにお散歩してたら
ある家のお庭にリードに繋がれて
遊んでる真っ白なネコちゃんがいたの。

一目で好きになって、「お兄ちゃーん」て呼んだの。

お兄ちゃんは「うるせー!あっち行け!」って怒った。

でもボクは、ずっと一緒にいたの。

お兄ちゃんの真似をしたら、カッコイイ猫になれると思ったから。

このお家の人が「あらら~、小判鮫みたいね。」って言って笑ったけどボクは真剣だったからね。

暗くなると、お家に入っちゃうお兄ちゃん。
離れるときが一番淋しかったな。

でもある日、「もう寒くなるから、お家に入る?」
って、お家の人が入れてくれた。

お兄ちゃんもいたし、ご飯もサイコーに美味しかった!

ボク!ここんちの子になる!決めた!

Follow me!

ネコ
スポンサーリンク
管理人 いちをフォローする
毎日ネコ

コメント