【驚愕】最新ペットフードの原材料って・・・

ネコ

サイゾーくん!何を食べたの?蛾⁉ひえ~。

いちまつネコです。

サイゾー
サイゾー

食べないよ~捕まえただけ。

口と手を洗わないと。(泣)

今回は「ペット最先国では昆虫食が始まる」「低アレルギー栄養価が高い」を書いています。

人間用も注目!昆虫食

昆虫食なんて罰ゲームじゃないんだから・・・

なんて聞こえてきそうです。

じっさいバラエティ番組で観たことがある方も多いと思います。

芸人さんたちの体を張ったパフォーマンスには、頭が下がります。

でもこんなコメントを聞いたことがありませんか?

「あっ・・・美味しい・・・。」(笑)

日本でも昔から、虫は食べられていました。

有名なのはイナゴの佃煮

私も2~3回、食べたことがあります。

小女子の佃煮と思えば、違いは分からないです。

そして高級品といわれる蜂の子

滋養強壮にすぐれた食品といわれています。

長野ではザザムシという河原でとれる虫を食べるそうです。

なぜ昆虫食は注目されるの?

なぜ近年こんなに昆虫に、注目が集まってきているのかというと・・。

ご存知の方も多いと思いますが食糧危機が将来心配されています。

2050年には世界人口が90億人に達するといわれる中、現在でも10億人の人々が慢性的な飢餓に苦しんでいるといわれています。

食品ロスや水不足・低コストでの生産など問題は山積みです。

そんな中、昔から食べられていた昆虫食に注目が集まったのです。

じつは、肉の消費量全体の20%はペットが消費していると言われていて、割と真剣にペットの食糧問題は考えられているんです。

そういう背景もあり、人間もペットも昆虫食に注目が集まってきたわけです。

新たな食糧源(ペット業界では)として研究・開発が進んでいます。


ペット先進国ではすでに開発・販売

ペット先進国といわれるドイツ・イギリス・フランス・イタリアなどでは昆虫フードの研究・開発もかなり進んでいます。

そしてドイツとイギリスでは、ドックフードの販売もされています。

最近は人間と同じようにアレルギーをもっている子も多いなか、低アレルゲンの昆虫フードは注目を集めています。

低アレルゲン・栄養価が高い

昆虫食のメリットは、低アレルゲン。

アレルゲンの7大要素

  1. そば
  2. たまご
  3. 小麦
  4. カニ
  5. エビ
  6. 牛乳
  7. 大豆

を含まないとされています。

栄養価が高い

  • 脂肪
  • 脂肪酸
  • ビタミン
  • ミネラル(カルシウム・マグネシウムなど)

昆虫の栄養素は、牛・豚・鶏などとほとんど変わらないのです。

環境にやさしい

牛や豚・鶏などを育てるのには、大変な時間とコストがかかります。

しかし昆虫を育てるには少ない資源で済みます。

下の表は育てるのに必要な土・餌・水を比較したものです。

動物の絵の中にかかれている数字は可食部分の%

出典:ダーウィン ジャーナル

このほかにも、アンモニアや温室効果ガスも少なくて済みます。

それに餌ですが・・・食用のアメリカミズアブの飼育なら食物廃棄物が餌とされるので、餌のコストも少ないということになります。

また、牛などの排泄物も堆肥に変えることもでき、残ったさなぎは肥料に使えるそうです。

う~んコスト面ではかなりのパフォーマンスです。

でも・・・なんか・・想像しちゃうのでツラくなってくる・・・。(笑)

まとめ

ヒューマングレードのフードをペットにも求められるので、肉の消費コストは全体の20%にもなることが分かった。

現在も10億人が慢性的な飢餓に悩んでいる状態で、本格的に食糧危機について考えなくてはならない。

そこで昔から食べられていた昆虫にも再びスポットが当てられた。

人間用にはかなり前から、研究も販売もされていたが、ペットたちにはようやく食用販売がされるようになった。

アレルギーのある子も多くなる中で、見直される昆虫食に注目が集まりそう。

イギリスでは2020年1月に販売が開始され、日本でもドイツやイギリスから輸入され始めたようです。

まだドックフードだけのようですが、キャットフードなども出てくる見通しです。

昆虫に対する先入観を克服できれば、受け入れられるのも時間の問題かもですね。

まぁペットたちに先入観はありませんけれど・・・。

しかし世界的な食糧難や、地球にやさしいコストなど考えさせられる部分はありますね。

ちなみにイギリスのヨラドックフード(昆虫食)のニッシュ氏は、ヒューマングレードを心配される飼い主さんのために、フードに使用する昆虫は全て食べたそうです。

プロですね~。

最後までお読みいただいてありがとうございます。

(大変だったでしょうね。ありがとう)

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメント