こんなに違う300記事の力

ネコと日常
いちまつネコ
いちまつネコ

300記事に到達しました!

ここまで100・200と通過してきました。

300になったとき、どんな変化が起こったのかお話ししたいと思います。

ぶっちゃけ淡々と、マイルールを守り続けて書いてきただけなんですが、振り返ってみると少しづつ力はついていました。

 

100~300への道のり

私のブログのスタイルは、一日おき更新なんです。

これは2019年の10月下旬から始めて、現在まで続いています

約1年3ヶ月更新中です。

(ブログを開始したのは、2018年9月からです。)

最初の頃は、気ままに更新していて(ネタにすぐ詰まっていたのが本音)

やる気が空回りしている状態でした。

考えているだけで疲れる

それでもアドセンスも取れて

「これで私も、ブロガーになれた。」

なんて初心者あるある勘違いヤローになっていました。

 

そしてブロガーの洗礼を受けます。

「アクセスがない。」

そしてようやく

「このままじゃダメなんじゃないか?」

と気づいていくわけです。

 

「でも100記事書けば、何とかなるんじゃない?」

いま思えば、こんなぬるい考え方と思いますが、このおバカな考え方が功を奏します。

とにかく100記事目指し始めたんです。

目標が決まると、なんとか到達したくなるもので、100記事まで頑張ったんですね。

目指せ!100記事!

 

ところが奇跡は起こらない・・。

 

調べまくると、定期更新は当たり前!

「ちゃんと更新しないブログに誰が読みに来るの?」

ごもっとも・・・となった私は、気持ちを切り替えて一日おき更新を胸に誓いました。

本業と子育てをしながらの定期更新は、正直!しんどかったです。

ムリムリムリムリムリ・・・・

でも歯を食いしばって、定期更新を続けました。

 

そしてある日、気づくわけです。

「こうなったら、200記事いきたいな。」

アクセスもありがたいことに、増えてきてファンもついてきてくれるようになりました。

ここで何となく、100記事の奇跡のようなものを感じます。

 

200記事までは早く感じました。

そして,ここでまた気づきました。

「記事書くスピード上がってない?」

元々の性格もあるんでしょうが、調子に乗り始めます。

やればできる子 YDK

そうなんですね。

先輩方が言っていた

「ライティング力が上がるよ。」

というのが、頭の中に響き渡ります。

 

まぁ・・そんなに私ってスゴイ!とはなりませんが、(なってもいいんですよ・・)コツというのは掴めてきました。

 

気づいたら早くなっていた

他の人の記事を読んだり、先輩方のアドバイスを参考にしていると、自然と自分の型ができてくるんですね。

この型ができてくると、俄然スピードが上がってきます。

それと、記事ネタの見つけ方のコツも身についてきます。

これってやっぱり手を動かして、記事をひたすら書くことに尽きます。

空き時間に、ブログの勉強も大切ですが(ほかのブログを読んだり、ノウハウ本を読んだり)でも一番は、自分で書いていくっていうことです。

とにかく書いてみようよ

それと私がやったことは、SNSを活用したことです。

サラッと書きましたが、重要です

それでもキチンと意味がわかって、活用しだしたのは最近なんですけど・・・ね。

 

これも何となく

「これからはSNSを使わなきゃ!」

なんて聞き、なるほど~と漠然と始めたんです。

(漠然と・・・って私のブログ生活で多すぎなんですが💦)

私の場合はツイッターだったんですが、漠然と・・というのは、使い方をわかってなかったんですね。

私のような方は、案外多いと思うのでハッキリ言います。

先輩の話しは聞きましょう

SNSを始めたんなら、自分のブログを宣伝しましょう。

これもやり方があります。

その方法は、ちょっと長くなるので、記事を書いて詳しく紹介したいと考えています。

 

こんなに違う300記事の力まとめ!

継続は力なり

分かっちゃいるけど、できないのが人間。

でも、目の前の小さな目標なら手が届きます。

いきなりトップブロガーのマネをしても、疲弊してしまうだけです。

 

まずは、自分で出来そうな目標を作る!

達成できたら、調子に乗る!

そのまま自分をチヤホヤしながら、ちょっと負荷のかかる目標設定をする!

歯を食いしばって頑張る!

SNSを利用して、ブログの宣伝をする!

 

これが300記事までの私の軌道です。

 

もちろん収益も、上がるようになってきてます。

その話はまた、改めてしていきます。

 

ではお互いに頑張ってまいりましょう!

それでは、また。

 

 

Follow me!

コメント

PAGE TOP