占いってあやしい?それ誤解

ネコと日常

なんかモヤッとする日々が続くよね。

先が見えない感じ・・・。

いちまつネコです。

サイゾー
サイゾー

そんな時は神託だよ。

うわ・・・難しいことを言うね。

つまり占いね。

今回は「占いは、こういうときにある」「手軽に安全な電話占い」を記事にしました。

占いって気になるけど

「そもそも占いって身近にあるけど、そんなに真剣に占ったことはないかな。」

きっと、そういう人が多いと思います。

初詣に行ったら、おみくじを引いてみたり、テレビや雑誌、新聞にだって今日の運勢があり、なんとなく見ている人もいますよね。

私もつい見ちゃいます。

でも、それだけ。

生活に活かすなんてことは、あまり考えたりしない感じですかね。

占うことなんてないし

占い=悩み事解決っていうイメージがありますよね。

とくに恋愛問題はトップに来るんじゃないでしょうか?

  • 付き合っている彼の(彼女の)気持ちがわからない。
  • 将来が見えてこない。

夫婦関係でも

  • 結婚生活を続けていけるのか不安
  • 離婚すべきか悩んでいる

なんて感じでしょうか?

他には、仕事関係のことや人間関係のことなんかもありますね。

そんな問題なんかないな。日常の愚痴はあるけど。

モヤっとすることはあるけど、問題はない・・と思う。

ついてないな~最近。

こんなこと思ったりしませんか?

これって本来の占いの力を発揮するときなんです。

いやいやこれって自分で何とかするものでしょ。

いいえ、何だか良くわからない・・・どうしたらいいのか分からない・・ということは、違う視点から物事をみてもらうことは大切です。

占いというのは、その昔は神託といって自然エネルギーを用いたり、統計学を用いたりして人間の思考とは違う観点から物事をみるものだったんです。

困っているときなどは自分の思考に囚われて、悩みから抜け出せなかったりしますが、占いはある意味冷静に物事をみることができるんですね。

でも大切なのは、占いは頼るものではないということ。

そのため同じことを、何度も聞いてはいけないというルールが実はあるんです。

占いというのは壁にぶつかったり、自分の思考から抜け出せなくなった人が、違う視点から物事を考えて突破口をみつける手伝いをするようなものです。

だから、いちいち占ってもらわなくては、物事が決められなくなったりするのは本末転倒です。

そのために「同じことを何度も聞いてはいけない」というのでしょうね。

電話占い

場所も時間も選ばずに占ってもらえるのが、電話占いです。

今は外出もままならないし、モヤモヤを感じている人も多いですよね。

電話でプロのアドバイスを聞けるのは、ちょっとした気分転換にもなると思います。

2つの電話占いを紹介します。

ココナラ コメット
占い師の人数 1,600人以上在籍 49名(男性1名女性48名)
料金 1分100円~ 1分200円~
初回特典 会員登録で3,000円分の無料クーポン 初めての指名は全ての先生と5分無料通話

きっと自分に合った占い師さんがみつかる

電話占いは自分で占い師さんも、時間も選べるし家にいて完結するので便利です。

でも注意すべき点もあります。

ついつい話していて時間を忘れてしまいがちです。

占い師さんの代金の他に、通話料もかかることを念頭においてくださいね。

ザックリですが、20分間の通話で約3,000~5,000円くらいと考えていた方がいいです。

ですからムダがないように、あらかじめ聞きたいことは、まとめておくと良いですね。

ヒント

いろいろな悩みはありますが、悩みの種類によって占い方が違ってきます。

占いには大まかに、命・卜・相めい ぼく そうの3つに分けられて、それぞれが得意分野があるようです。

例えば恋愛などの相性や、二人の未来などを知りたい場合は西洋占星術や数秘術などの命術。

最近ついてない・・・とか、人間関係に悩んだりしたときは、タロットやトランプなどの卜術。

引っ越し先はどうかな?とか、子どもの名前を付けたいなどは、風水や手相・姓名判断などの相術。

ということを知っていれば、その分野が得意な占い師さんに見てもらう方がいいということが分かりますね。

少数精鋭の占い師さんなら

占いってあやしい?それ誤解まとめ

占いなんて自分には関係ないって思っているけど、あんがい身近にあるものなんですね。

あの徳川家康だって、風水に基づいて東照宮を建立したと言われているんです。

卑弥呼だって優秀な巫女だったと言われているし、占いはきちんと活用すれば自分の指針になります。

「占ってもらうなら」

  • 占ってもらうなら、漠然と占ってもらうのは損。
  • 命・卜・相のどの占いが自分には必要か考えておく。
  • 占ってもらうことを、まとめておく。
  • 同じことを何度も占ってもらうのは避ける。
  • 占いは頼るものではなく、今陥っている物事を違う視点からみてくれるもの。

これらは自分なりに、考えをきちんと持って占ってもらいたいです。

占いは物事を動かすヒントになります。

私も見ていただいた時に受けたアドバイスは、忘れることなく心に残っています。

それは今でも、落ち込んだときに思い出すことができます。

そしてそれが落ち込んだときの突破口にもなります。

日々の暮らしにモヤモヤしたり、落ち込むことがあれば占ってもらうのも Change the world世界が変わるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメント

PAGE TOP