小学生だって失敗しない生チョコの作り方

ネコ

うわ~今年もやってきたよバレンタイン。

いちまつネコです。

サイゾー
サイゾー

ボクはチョコレートより、ギフトボックスのリボンが好き~。

毎年ラッピングのじゃまするもんね。

というか、サイゾーくんはチョコ食べたらダメ~。

今回は3人の女の子を育てた私が、友チョコに一番ウケがよかったレシピを紹介します。

簡単・時短・低予算も魅力です。

「がんばらないと失敗できない生チョコの作り方」「友チョコにぴったり」「代行サービス」を記事にしました。

ほんとうに失敗なし?

おおげさ~って思うかもしれませんが、ホントに頑張らないと失敗することはできません。(笑)

なぜかというと、お菓子作りはとにかく計量ですよね?

レシピ通りの材料に、レシピ通りの時間、混ぜ方に計量。

これ必須!

これに温度とか、ここまでの過程でこんな風・・・なんていわれると

「お手本とちがう・・・作れる気がしない・・・・。」なんてことに。

私も何度も失敗して、心折れたことは数えきれず。

しかも、お菓子作りの失敗はつぶしがきかない。

悲惨な出来上がりのものを我慢して食べるか、もったいなさと闘いながらゴミ箱にダンクするかですよね。

これってストレスですよね。

そしてお菓子作りから遠のいていくのです。(笑)

これからご紹介するレシピは、このお菓子作り特有の手間やストレスがないんです。

お菓子作りの要ともいえる計量がないので、失敗しようがないという感じです。

では、さっそくレシピです。

失敗できない生チョコの作り方

材料

おおよそ32個分(4個入りギフトボックス×8個分)

板チョコ          6枚(ミルクでもブラックでも混合でもOK)

純生クリーム        1個(200ml植物性ではないもの)

ココアパウダー       適量

この3つだけ

 

作り方

  1. フライパンか鍋に、お湯を沸かす。
  2. 板チョコを包丁でザックリで良いのできざむ。
  3. お湯が沸いたら、ボウルに生クリームを入れて湯せんに。
  4. 湯気がたってきて十分に生クリームが温まったら、刻んだチョコをいれる。
  5. 湯せんにかけたまま、ダマがなくなるまで良くまぜる。
  6. バットにクッキングシートを敷き、溶かしたチョコを流しいれる。
  7. 粗熱がとれたら冷蔵庫で2時間くらい冷やし固める。
  8. 固まったら包丁で適当な大きさに切って、ココアを振りかけたらできあがり~。

 *1~6までの工程は30分くらいでできます。

  *チョコを切るときは、包丁をお湯で温めるときれいに切れます。

出来上がりがコチラ↓

多少切り方が雑になっても、形がそろってなくても大丈夫です。

ココアパウダーを振りかければ、あ~ら不思議、そこそこ見栄えがするのでした。

友チョコにピッタリ

手作りチョコなんて私には関係がないと思いたかったんですが、末っ子ちゃんが学生でいる限り毎年ついてくる問題なんですね。

そうです・・・友チョコです。

好きな男の子に渡すというのが本来の目的だったのに、いつの間にか(7~8年前くらいから?)女の子同士で交換しあうようになりました。

しかも手作りのもの的な、暗黙の了解があるようです。

まあ友達に配るとなると、そこそこ個数も用意しなければならないので、買っていたらお小遣いも危ういことになりますね。

なので手作りになるのは、当然と言えば当然です。

でもいざ作るとなると

  • キッチンを占領される
  • 夜中までかかる
  • ヘルプの要請

これがとにかく困る要因ですよね?

「ママに聞けば、きっとステキなお菓子作りのアドバイスがもらえる。」

(気のせいかな?w)

そんな期待を感じるプレッシャー。

ほんと勘弁してほしいです。

こんなふうに思ってるのは私だけ?なんて思いましたが、これを読んでくださってるあなたもそうですよね?

ちょっと安心します。(笑)

今回ご紹介した生チョコは、友チョコにぴったりのレシピなんです。

失敗のリスクは少ない・時間もかからない・材料費もそんなにかからない・量産できる。

ぜひ試していただきたいです。

代行サービス

最近は、手作りチョコ代行サービスというのがあるそうです。

お菓子屋さんに依頼すると、いかにも手作りっていう感じで仕上げてくれるそうです。

チョコレートはもちろん、クッキーやマドレーヌ・パウンドケーキ、普通にケーキまで手作り風につくってくれるそう。

プロが素人風に作るのって大変そうですね。

(そこを上手く作るのがプロなのか?分からなくなってきたw)

ラッピング済み、ラッピングは自分でする・・なんて選べるようで、細やかなサービスですよね。

資金に余裕があれば、こういうサービスを利用するのもアリかもですね。

そして利用するなら急いだほうが良さそうです。

 

やってきたバレンタインに今年も、このレシピで乗り切ります!

悩んでいるのでしたら、ぜひ作ってみてくださいね。

小さなお子さんでも、お手伝いができると思います。

少しでも忙しいママの、手助けになることを願っています。

ママさんたち!がんばりましょう!

 

 

 

 

Follow me!

ネコ
スポンサーリンク
管理人 いちをフォローする
毎日ネコ

コメント